FXを利用した投資

 FXを利用した投資には様々なものがあります。

 外貨MMFという外貨を使った投資信託もありますし、外貨預金はそのまま外貨を定期預金として保有するものです。

 FXは為替レートの変動で差益を取ることが目的ですし、外国投信は外国債券や外国株で運用されます。

 FXを利用するこれらの投資のメリットは何でしょう。

 政策金利の差は外貨を扱う上ではとても魅力的な要因で、これにより高い利息が期待できます。

 日本円はここ何年もの間、ゼロ金利と呼ばれるほどの超低金利通貨にあります。

 円の金利は低水準なので、国内でお金を預けてもすずめの涙ほどしか利息がつきません。

 日本円の金利の低さから見ると、外国通貨はどれもかなりの高金利です。

 このように高い金利で預金が可能な点が外貨でお金を預けることの利点です。

 また、資産を外貨で保有すると日本円の価値が下がった時に備えてのリスク分散になります。

 もし手持ちの資産が日本円のみの場合、大地震やテロによって日本円の価値が下がると資産価値も必然的に下がります。

 テロや災害などの突発的な出来事がなくても、日本に比べ諸外国の経済が急激に伸びてくれば円安の可能性が出てきます。

 日本円の価値が大幅に下落した時、日本円のみで資産を保有している人は共倒れになります。

 FXを利用して資産を外貨に替えておくことは、資産運用のリスクを分散させておく効果があるのです。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial