外国為替デイトレのリスク管理

 1日に何度も外国為替での売買を繰り返す形式をデイトレといいます。

 デイトレは日々計算をすることから、日計ともいいます。

 そして、生活の糧を日々のデイトレで得ている人を外国為替デイトレーダーといいます。

 外国為替デイトレのメリットは、為替相場の大きな流れに関係なくその時々の流れに乗って利益を得ることができるところ。

 デメリットとしては、短い時間での 売買しかしないために大きな差益が狙えないことがあります。

 大きな上昇トレンドでも、デイトレでは乗ることができません。

 取引によって生じる外国為替デイトレのリスクは、調整次第でごく小さなものにも破壊的な大きさにもなります。

 外国為替では、業者に一定額の証拠金として預け元金の何倍もの売買が可能なレバレッジという仕組みがあります。

 業者に預けた証拠金の額が低くとも、外国為替では瞬間的にレバレッジを上げて大きな売買が可能です。

 うまくいけば大きな差益を獲得可能です。

 ただし、一発で元手が吹っ飛ぶリスクとも隣り合わせです。

 通常の売買ではレバレッジは5倍程度が目安といわれますが、外国為替デイトレの場合は瞬間的になら50倍~100倍のレバレッジをかける方法もあります。

 タイミング次第ではレバレッジを上げて、リスクがあっても大きな差益を狙うことができます。

 レバレッジを変えながら売買が可能な外国為替は、リスクコントロールが容易でデイトレに適しています。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial