外国為替デイトレの特徴

 デイトレは1日で売買を終わらせる外国為替の形式ですが、中長期の売買はそれ以上の期間でします。

 売買方法は変わりませんが、それぞれ売買のポイントなどは違っています。

 短期で売買を済ませるならば、どうしても小さい値幅しなければなりません。

 その日のうちに売りと買いを行ってしまうからです。

 外国為替デイトレでは人によって差はありますが、0.3円~1円程度で決済します。

 中期から長期の外国為替売買では数円単位での売買を目指しますが、外国為替デイトレの特徴は円単位の差益は狙いにくいです。

 外国為替デイトレの為替市場は1日じゅう開いています。

 その中でも売買量が多く値動きが盛んになるのは、ロンドン市場オープン時と、ニューヨーク市場オープン時です。

 ロンドン市場の開く夕方4時からと、ニューヨーク時間の開く夜9時頃が短期売買のメインの時間です。

 デイトレでの稼ぎ時は、相場の動きが活発で値動きが激しい時です。

 この他に、値動きを読むために必要なものとしてチャート表があります。

 外国為替デイトレの場合は1時間単位か30分単位、10分単位など短い時間ごとに区切られたチャート表を参考します。

 外国為替のデイトレでは短い期間のチャート表が主体ですが、大きな流れをイメージすることができるように日単位の表もよく見ておきましょう。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial