外国為替の利益

 外国為替とは、スワップポイント及び為替差益によって利益が入るという仕組みなのです。

 スワップポイントの魅力の一つに、こちらは何をしなくても利益がひとりで増えていくという、特に外国為替を始めたばかりの人にとっては喜ばしいものがあります。

 これは為替取引をする際の2国間の通過の金利差によって発生する、金利差調整分です。

 外国為替では、低い金利の通貨を売って高い金利の通貨を買うことにより、そのときに出る金利差分がスワップポイントとで、利益として入ってくるという仕組みになっています。

 このスワップポイントは日ごとに加算されていきます。

 外国為替の初心者入門として簡単に計算してみると、現在、1万ドルを買って毎日約120円の場合、買って1ヶ月放置しておくだけで何も売買をせずとも月に約3,600円の益になります。

 このような利益は、外国為替を始めた人であれば、おさえておかなければならない利益です。

 もうひとつ利益としてあるのが、為替の変動によって出る為替差益です。

 たとえば1ドルを110円で買って120円で手放したという場合、差として出た10円を利益として得ることができるというものです。

 この場合、外貨預金はドルの「買い」しかできないので上記の形しか成立しませんが、外国為替は「売り」もできるので、1ドル120円の時にドルを売り、110円で手放して益を得ることもできます。

 このような為替相場が移り行く中で、為替取引をしながら持っている貨幣が日本のものだけということには、思いがけないリスクが潜んでいると言うこともできます。

 外国為替を始めたのであれば、今ある資産を減らさないようにするのはもちろんのこと、日本円だけに固執しないで複数の外貨を保有することも大変重要といえることができるかもしれません。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial