FX相場とは

 新聞やニュースでFX相場という言葉との接点は多くありますが、言葉の意味を何となくしか知らない人もいます。

 FX相場とは為替相場ともいい、自国と他国の貨幣の交換比率や、他国と他国の貨幣の交換比率のことをいいます。

 円と米ドルのFX相場を表現する場合、1ドル何円何銭という表現であらわします。

 売買取引は、買う側と売る側がいて成り立つ商売です。

 FX相場は通貨を売りたい売り手と買いたい買い手が納得した価格に決定されることになっています。

 世界情勢や各国のニュースによって、FX相場がどう決定されるかが決定づけられます。

 FX相場の変動は、取引の参加者がどんな取引を望むかによって変動しています。

 為替の変動を利用して、タイミングを見計らった通貨の交換だけで益をつくりだすことが可能です。

 為替差益とは、FX相場の変動によって生じた利益です。

 FX相場の変動で損をした時は為替差損です。

 100万円を支払えば、1ドル100円の米ドルなら10000ドル買えます。

 後でFX相場が1ドル110円になったらドルを売って円を戻すと110万円になり10万円の利益が出ることになります。

 ただし、1ドル95円の時にドルを円にすると、手元に入るのは90万円と、減額されてしまいます。

 各国の経済力が今どういった状況にあるのか、FX相場から推測できることもあります。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial