FX市場の参加者

 FX市場は実在しない市場ですが、では、その市場で売買をしている人とは誰でしょう。

 個人や企業もFX市場に参加していますし、金融機関やヘッジファンドなどもFX市場で売買を行っています。

 インターバンク市場と対顧客市場に大別され、FX市場のどこに参加しているかは参加者によって違っています。

 インターバンク市場の参加者は、都市銀行や信託銀行などの銀行関係、大手証券会社、為替ブローカー、日本銀行です。

 FXの売買では、大きな影響を有しているところばかりです。

 個人や一般企業がFX市場に参加する場合、対顧客取引になります。

 一般の人から投資家まで、多くの人がいるようです。

 ビジネスのため、必要に応じて為替取引をしいる層と、FX相場の変動に応じて差益を得ようとしている層とが、FX市場にはいます。

 投機筋とは、個人投資家や金融機関となります。

 実需とは輸入業者や企業があてはまります。

 FX市場ではFX相場の値付けをするマーケットメーカーと値に対して売買をするマーケットユーザーにも分けることができます。

 銀行やFX企業がマーケットメーカーであり、それ以外の人達のことをマーケットユーザーといいます。

 FX市場は大きな商取引の市場であり、世界中の人が参入しているのです。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial