FX市場の通貨特長

 FXの市場にはたくさんの通貨があり、それぞれ特長があります。

 地球上には様々な通貨が存在しており、それぞれ使われています。

 知名度の高いポンド、ユーロ、ドルなどは売買量の多い通貨です。

 知名度があまり高くないものとしてはタイバーツや南アフリカランドなどたくさんあります。

 FX市場の特色を知るには、流通している各国通貨についても知っておいた方がいいでしょう。

 FX取引でも通貨選択は重要です。

 世界の基軸通貨であるドルはアメリカで発行されている通貨で、為替では最もメジャーです。

 米ドルは世界じゅうの投資や貿易に用いられる主要通貨であり、売買量も多く世界の中心通貨です。

 双子の赤字と呼ばれる財政赤字や経常赤字、近年はサブプライム問題などで不安要素もあります。

 そのため、かつてほど世界市場がドル中心に回っているわけではありません。

 世界市場の流通量が多い通貨にユーロがあります。

 主要通貨の地位を固めつつあり、欧州連合に加盟している25カ国の半数で発行されています。

 ユーロは現在注目を集めている通貨の一つであり、ドルの次の受け皿として為替売買量は増加の一途を辿っています。

 豪ドルやNZドルは、近年の好調な国家経済を背景に頭角を現しつつある通貨です。

 FXなどの投資でも盛んに運用されています。

 通貨の特長は、資源国であることから景気が好調で、高金利通貨であることからFXでの外国投資に向いている通貨です。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial