外国為替拠金取引とは何か

 外国為替証拠金取引は、証拠金という一定額のお金を業者に預けることで、その業者を介して為替の売買を行うことです。

 元々はForeign Exchange(外国為替)の略称でした。

 外国為替では、証拠金を元手に貨幣を売り買いして為替レートの変動による差益や、スワップ金利と呼ばれる各国金利差に基づく利益を受け取ります。

 失敗の少ない初心者向きの投資方法を目指すならば、変動が読みにくい為替差益による利益より、少額でも毎日入るスワップ金利狙いの運用が合っています。

 数万円という少額の証拠金で多額の貨幣を扱えること、インターネット上の操作で手軽に取引ができること、売買手数料が小さく取引のコストが小さいことなどから、外国為替の初心者入門したい人にも手軽にトライできます。

 世界中のマーケットと繋がっているので、外国為替は平日ほぼいつでも取引ができます。

 一方、銀行で受け付ける外貨預金は銀行の時間内でしかできません。

 国家の発行する貨幣を買うので、株と違って会社倒産によって資産価値が0になってしまうことはありませんし、銘柄選択の難しさとも無縁です。

 外国為替の初心者入門として抑えておくことは、思わぬ為替変動で損が大きく膨らんだ時、被害を最低限に抑えるための「ロスカット」というルールです。

 外国為替ではスワップポイントという独特なルールがあり、これをうまく利用することで毎日何もせずとも収入を得続けることができます。

 外国の通貨を保有するという点では、外国為替は外貨預金に似ていますか、外国為替は外貨普通預金よりずっと金利が高く、手数料の安い投資です。

 外貨普通預金より金利の高い外貨定期預金は、その時々の為替レートとは関係なしに期間が決まるので、取引をするタイミングを自分で決めることができません。

 自己責任で資金を動かすことは任せ放し、預けっ放しの投資と比べると外国為替の初心者入門に入ることは怖いものもあります。

 しかし、外国為替は必要ならぱリスクをおかしすぎず自分のやりやすい範囲での投資を自分で決めることができます。

 自分の大事な資産ですからよく理解して納得のできる増やし方を試みてはどうでしょう。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial