FX市場とは

 経済ニュースや為替に関する記事では、FX市場という単語がよく登場しますが、意味は何でしょう。

 まるでFX市場という場所があるように思っている人もいるようですが、市場という言葉を使っても本当にある場所ではありません。

 FX市場とは、金融機関同士が為替による売買をしている状態のことを指す言葉といえます。

 各金融機関が電話や通信端末で、連絡を取り合って通貨の売買をしています。

 企業や個人が通貨の売買をするという場合、金融機関を介して行わなくてはなりません。

 基本的に、FX市場では1対1の関係で売買が成立します。

 その時々によって取引内容は異なります。

 こういった形を相対取引と称します。

 FX相場をどうするか、どのくらいの量を売買するかもその時々で変わります。

 眠らない市場と呼ばれるFX市場は、休むことはありません。

 世界のどこかで、いつでも為替の売買は行われており、レートは休まず変動しています。

 月曜朝は、ニュージーランドのウエリントンが売買を行っている時間となります。

 8時からは東京で取り引きが始まり、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークと西に向かっていきます。

 ロンドン市場の取引量が最も多く、その次にニューヨーク、東京の市場だと言われています。

 世界の三大市場と呼ばれるこの市場では、多くの金融機関が売買をしています。

 為替が常に変動するのは、このFX市場の売買によります。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial